スポンサーサイト

- - - スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

kibaco

comments(0) trackbacks(0) 美味しいあれこれ 旅料理人 みかん
事件です!!

干し芋が盗まれたー!


ザル籠で、
椎茸と一緒に芋を干してたのに

今朝、芋だけすっかり綺麗に無くなっていた。

周りに散らかってるでもなく
食べ散らかした形跡もなく

芋だけ無くなってる。

普通のアパート二階の
柵付きのベランダ、

猫が来るなんてことは無いハズなんだけど…

カラスかネズミ、という線が有力だけれど
籠は定位置にきちんと置いてあり
10本程あった芋だけ跡形もなく姿を消すって…

なんだか気味が悪いんだけど!


人間??なんてことは無いよねえ…

むしろ
人間だったら、
芋の真上に、あたしの下着もガッツリ干してあったのに
それ無視して芋だけ盗っていくのは
別の意味で腹立つわー!笑



今まで
大根やら人参やら
玉ねぎやらベランダに干しっぱにしてたって
こんなことは無かったのに…

あーやだやだ。



さて
本日は、日進の「kibaco」に行ってきました。

http://nisshin-kibaco.com
覚王山アパートで「ソボクロ」を営んでいた、
めぐみさんのギャラリーカフェです。


只今、シャツ展の期間中にて
(http://nisshin-kibaco.com/event/index.cgi)

「珈琲じゅっぷん」の出張珈琲屋や、
(じゅっぷんhttp://s.tabelog.com/aichi/A2301/A230105/23039624/)



「月の温」まきちゃんの蒸しパンたちや、
(月の温http://tsukinoon.petit.cc/pineapple1/)


一階のカフェスペースでは





岡田桂織さんの
穀物菜食ランチが♪

ぜーいーたーくー!



あたしの汚れた心が洗われるような、
この時期に相応しい、
「正しいお食事」でした。

うん、
「正しいお食事」、というのがとてもしっくりくる
地味深い美味しさ。

桂織さんのように歳を重ねたいなと
会うたびに思うなあ。


ご馳走さまでした!



ランチに使われている器作家と相席したり、
後ろには、思いもよらぬ方が居らしたり。

楽しかったー


帰りには

一社から移店された
「パントリコ」に立ち寄り
(http://pantricot.jugem.jp)


バゲットと


全粒粉入りのコンプレを購入。

どちらも、
生地の弾力のすごさったら!

移店されても
美味しさは変わらない、
素敵なパン屋さんでした。









terre a terre(テーラテール)

comments(0) trackbacks(0) 美味しいあれこれ 旅料理人 みかん

干し柿をわざわざ作ろうとは思わないんだけど

柿がやたらと手に入ったので
干してみた。
普通の柿ですけど。

大雑把なあたしのやることなので
色々不安定すぎて
強風が吹かないのをただ祈るばかり…




さてさて

パン屋不毛の地の
このご近所(自転車圏内。)に、

またひとつ素敵なパン屋さんが
登場しました。


テーラテール
http://s.tabelog.com/aichi/A2301/A230104/23050735/

雑誌に載ってて、
素材にこだわってるみたいなので
気になってて。

青空市に買出しついでに、
そのままママチャリチャリ。


オサレで清潔感のある店内。

こんなオサレパン屋がこんな場所に出来るなんて!
栄とか、それこそラシックあたりに入ってそうじゃん。

ソンプルサン

給水100%のもちもちしたパン
北海道産キタノカオリとグレープシードオイル

店員さん曰く、
どうやらこれがイチオシらしい。

オーガニックレーズン酵母の
ライ麦パンも勧められたけど
ライ麦は苦手なので後回し…

左端は、
只今焼きたて!のカレーパン。

カヌレなど、可愛いスイーツも。


シンプル系の食事パン、
惣菜パンや甘いパンも、

どれもコテコテなやつではなく
素材にこだわったならではの、
素材を生かしたシンプルなラインナップで

珍しく
惣菜パンやお菓子パンにも惹かれました。

自家製挽きの小麦粉や、
くすむらの豆腐を使った食パンや、
自家製粉した全粒粉でおこしたルヴァン種の田舎パンとか、

とにかく選ぶのには相当悩んでしまう。


二階では、
サンドイッチやパンケーキが頂けるそう。

メニュー見せてもらったけど
どちらも三種ずつ用意されていて
めっちゃ美味しそうだった!
次はイートインしよ。

14時以降は
購入したパンのイートインも可能とか。

あれよあれよと言う間に人だかり。
ならぬ、ママチャリだかり。笑

このへん、ほんとパン屋少ないからなー

テイクアウトの
包まれた状態もめちゃオサレだなー



とりあえず、
ポカポカ陽気のしたで

大曽根の激ウマ珈琲屋、
清水珈琲片手に
(清水珈琲 http://shimizucoffee.ocnk.net)

ランチでベンチ。

もとい、
ベンチでランチ。

まずはやっぱり、カレーパン。

カレーパンてもの自体、好きな方ではないのだけど
もうこれは職業病で、つい購入してしまう。
(カレーはカレーとして食べるのが好きで、
「カレー味の何か」てのは
どちらかというとあんまり好きじゃないのだ。)


具は、ピロシキに近いかんじ。

パラパラっとして、肉がジューシー♪
カレーというより、スパイスの効いた挽肉炒め、みたいな。

焼きカレーパンで、
ザクザクのパン粉がしっかり表面にまぶされてて、
生地はモチモチで厚みがあります。

美味しい♪


サリューていう
面白いカタチのクロワッサンがあって、
(クロワッサンていうか、ほぼパイみたいな。美しい層でした。)
それを使ったフレンチトースト。


お尻はこんな感じ。

どっしりして
甘いんだけど

素材がいいんだろな。
ぜんぜんくどくない。
上質なケーキを食べてるみたい。

半分は持ち帰って
焼き戻して食べてみよう。


ソンプルサン


うーん、もっちもち!
素材の良さが一口で良く解る。

モチモチなので、口の中でモゴモゴ噛みながら
ずっと、美味しい♪を堪能できます。


三重県産たまいずみを自家製粉した全粒粉食パン

食パンは三種あって
どれも背が高くて細い小ぶりなタイプ。


頭のザクっと感、
この香ばしい香り、たまらん♪

生地の、口に残る粗挽き加減もいい。




いやいやいや、
どれも、めちゃ美味しいじゃないかー。
とにかくラインナップが、どストライク過ぎて、
全部食べてみたい!


やばいです。
しばらく通いそうです。


というか、
きっとすぐに行列必死になりそうな予感が…

早めにランチ食べに行かなくちゃだわ♪



聞くところ、
どうやら東京の有名なパン屋さん(舌噛みそうな店名の。)のシェフ?らしいですねー






岐阜にて。

comments(0) trackbacks(0) 美味しいあれこれ 旅料理人 みかん

岐阜の
「リトルムッシュ」に行ってきました。

(リトルムッシュ
http://www.little-monsieur.com)





知らずに来たら、
素通りしてるだろうな〜

てくらい
普通の家。笑


ランチは日替わりのようで、

野菜中心の盛り合わせと
自家製パンとスープ。


ぱっと見、
あたしのお腹じゃ足らないんじゃ…

と思ったんだけど


まず、
スープがボリューム満点!

さつまいものポタージュ。

スープというか、ディップに近い濃厚さ。

パンは、小ぶりで
詰まった生地感だけど、思いのほか軽め。

盛り合わせ。

表面を焦がしたカボチャが
とても美味しかった。


全体的に、味は薄めで
これ全部で一つのサラダみたいな感覚。


デザートセットが断然お得。
普通に一個付いてきます。


紫芋のタルト。

甘さ控えめ、
ナチュラル系代表スイーツ。


パンナコッタ。

お♪
これ美味しいー!

ここは、
生クリームが濃厚でとても美味しい気がする。


そのまま、
ご近所の「マエジマ製パン」へ。

(マエジマ製パンhttp://s.tabelog.com/gifu/A2102/A210203/21001797/)


これまたオサレなパン屋さん。





菓子パンに惣菜パン、
バゲットにリュスティックに、
食パンにガトーショコラ。

お見事なラインナップ!

バゲットは、
中もっちり
外も薄くふんわり、

バリっと強い感じではないけど、

サンドにしやすそうな
優しい雰囲気。

あたし、好みです。

リュスティック。

バゲットを、
よりもっちりさせた感じ。


発酵バター使用のクロワッサン。

バターの風味たっぷり、
めっちゃジューシー!





そのまま、「ギャルリ百草」へ。
(http://momogusa.com)

器展に思い切り浸った後、
百草カフェでお茶。

ここはケーキが美味しい♪

しっかりしていてシンプル。

粉を使わないガトーショコラも
抹茶とホワイトチョコのパウンドも、
見事に珈琲と紅茶にマッチなお味。

(言うなれば、
あたしたち、チョイスが逆だったわね笑)



あー
リトルムッシュの
あの鉄の器が忘れられない。

あの器に、カレー盛りたい!





ごちそうさまでした。
Uちゃん、お付き合いありがとー!


★オマケ 1


まってました!の、
コエリさんアップルパイ。


このパイ生地、たまらない♪

ちなみに、
あたし、アップルパイは好きな分野では無いのだけど…
ほんと、ここのは格別。

★オマケ 2


エリちゃんの、
小豆カボチャマフィン。

生地がめっちゃしっとりー!

この生地感、
大好きなカボチャがゴロン、

やー、たまりません♪

★オマケ 3

「アルエットゥ」の和栗のモンブラン。




思わず溜息がこぼれる、
シンプルに響く美味しさ。

んー、
ケーキはこうでなくっちゃ♪




ごちそうさまでした。

星月夜とソラミミPAN

comments(0) trackbacks(0) 美味しいあれこれ 旅料理人 みかん

久しぶりに、

犬山の「星月夜」に行ってきました。
(http://hosizukiyo.jpt)



この日は、
可児の「大豊軒」との
スペシャルコラボレーション。

(http://taihouken.com)

こりゃ、行かない手はない!




ピザセットは皆でシェア。

茄子とルッコラが乗った
モチモチ生地のピザと

穀物の甘味の柔らかいスープ。



ピザは、
店内の石窯で焼かれております。



こちらは、
星月夜プレート。

サツマイモのごはんと


冬瓜のスープ。

トッピングにあしらわれたネギが激ウマ!

大豊軒プレート。

この空間で、こんな風に頂くと
より美味しい〜

パスタも、スープも文句無しに絶品!


食材も味付けも
陰と陽、みたいな
対照的なプレートなんだけれど

どちらも本当に美味しかったです。

デザートは
栗のブランデーショコラケーキ。

しっかり効いたブランデーが最高、濃厚!
あたし好みの大人ケーキ。





この日は、
ホシヅキマーケットも開催されており

思いがけぬ
「Beans」さんや、
(http://g.lets-gifu.com/shop/index-2693.html)
「ごはんとおやつとひとときと」のエリちゃんにも会えました。
(http://www.gohan-oyatsu-hitotoki.com)






そのまま、一同
「ソラミミPAN」のオープンマーケットへ。
(http://soramimip.exblog.jp)


めいちん、すーちゃん、ひーこちゃん、ピッピちゃん、ゆるりさん、マリちゃんらが勢揃い〜♪


発酵博士の、アケビ酵素を見せていただき


ミックス酵素ジュースをIN!



このまま空を飛べちゃいそうな
美味しい楽しい、美しい一日でした。

独身女子+中性男子、
お付き合いありがとうございましたー!

クロックムッシュ〜!

comments(0) trackbacks(0) 美味しいあれこれ 旅料理人 みかん



久しぶりに、
糠漬けに挑戦。

たいがい1年で殺してしまっていたのだけれど
量を減らして、今年こそ!

(一度なんか、
引っ越しやらで放ったらかしすぎて、思い出して開けてみたとき
レインボー色の、数種の菌の城が出来上がっていた…)


4度目の正直、なるか?


朝市で買った風くん畑の
美しい丸ズッキーニも

糠漬けにして


弁当にON♪

*ささげとレンコンのナンプラー炒め
*油揚げの中華風
*エゴマごはん
*梨と生姜のマリネ
*ズッキーニの糠漬け

次は何を漬けようかな。


こちらは、
「月のひなた」の
クロックムッシュプレート。

(月のひなた
http://s.ameblo.jp/nonnon-hinata/)

こちらで開催されている「朝ご飯の会」で
以前出されていたものを

お願いして再現してもらったもの。

「朝ご飯の会」ならぬ、
「夜ご飯の会」。


焼きたての
自家製カンパーニュ(イチジク&クルミ入り)に


焼き野菜、自家製ハム、ホワイトソース、目玉焼きがON!



イケメンとのデートでは絶対食べられない、けれど

だいぶあたし好みな、
てんこ盛りなオープンサンド!笑


この自家製ハムが
なんとも柔らかくて分厚くて
めちゃ美味でした♪


そして話はどこからか、
現在公開中の映画「大統領の料理人」に。

(大統領の料理人
http://daitouryo-chef.gaga.ne.jp/)

そして
フレンチトースト好きのY子さんと
フレンチトースト勉強中のあたしとの
強い要望で


半ば無理やり(笑)、
残ってるカンパーニュで
ダニエル先生レシピのフレンチトーストを作ってもらうことに。

(ダニエル先生のレシピhttp://www.ntv.co.jp/sekaju/onair/130907/03.html)



牛乳と卵を別々にして
どちらも、「ささっと漬けて焼く」
のがポイントのよう。


この「ささっと」が重要なのだそうで
ここを厳しく指示しているY子さんが、

鬼…、いや
スパルタ教師のようにみえました。笑

確かに
牛乳に浸し過ぎた感は否めませんが、

卵の後付けのせいか
外側がパリっとして焼きプリンの表面みたいな感じに。


ひなたフレンチトーストプレートも
食べてみたいなあ。


ご馳走さまでした!


ひなたハムがとっても美味しかったので

その翌日、
早速ハムを仕込んでみた。


塩少なめにして2日間熟成、
塩抜き無し。

サンドにするなら
もうちょっと塩気があってもよかったかも?だけど

美味しくできました♪


塩と肉(しっとりさせるため、少しハチミツ入れた)、コショウ、くらいの材料で
こんなに美味しくできちゃうのに

市販のハムって
ほぼ絶対なんだかんだ入ってるよなー

恐ろしや。



以下、
ハムに入ってるなんだかんだ。

………………
<ハムに使用されている主な食品添加物>

?リン酸塩(Na)
肉の保水性や結着性を高め、食感を良くします。
リン酸塩自体に毒性はあまりないと言われていますが、問題はリンを過剰摂取するとリンがカルシウムと化合してカルシウムの吸収を妨げるため、骨や歯が弱くなる事があります。またカルシウム不足で神経過敏になり、イライラの原因にもなりやすいのでリン酸塩の入っているハムなどの加工食品を食べた時には小魚や牛乳などでカルシウムを補給すると良いでしょう。

?発色剤(亜硝酸Na)
肉に含まれるミオグロビン(肉色素タンパク)に作用し、ハムの色を鮮やかなサーモンピンクに保ちます。微生物の増殖を抑制し、特に食中毒の原因となるボツリヌス菌の繁殖を抑える効果が高いと言われています。
一説には魚などに多く含まれる第2級アミンなどに反応して発ガン物質を生じる可能性もあるそうです。

?増粘多糖類
粘り気(とろみ)を与え、なめらかな食感にします。肉の保水力や結着性を高める機能もあります。
2種類以上の添加物が増粘剤として使用されている場合、物質名は省略されて「増粘多糖類」と一括で表示されます。

?たんぱく質加水分解物
肉にうまみを与えるものです。インスタントラーメンのスープ、カレールー、ミートボール、レトルト食品やスナック菓子などあらゆる加工食品に使用されています。子供の大好きな濃い味になります。
たんぱく質(植物性・動物性)を含む食品を塩酸などで分解して得られるもので、うまみの素となります。
主な成分はアミノ酸とペプチド類。たんぱく質を塩酸で分解加工した場合、発ガン性の疑われている「塩素化合物」が出来てしまう可能性があります。また、野菜や本来の天然のだしの淡泊な味を「おいしい」と思えない、味覚麻痺が起こってしまう危険性もあります。

?カゼインNa(ナトリウム)
水と脂肪を乳化させることで、肉の結着性を向上させる働きがあります。
カゼインは「乳たんぱく」とも言い、牛乳や脱脂乳から得られるタンパク質です。そのカゼインにアルカリを加え水溶性にしたものがカゼインNaです。

?カルミン酸色素(別名コチニール色素)
明るいピンク色をつける為の着色料。
中南米などのサボテンに寄生する昆虫のエンジ虫の乾燥体から抽出されたものです。天然系食品添加物に分類されていますが、突然変異性(遺伝子に傷をつける作用)があると言われています。

?調味料(アミノ酸等)
味付けの補助として使用されます。
調味料には多くの種類があり、複数組み合わせて使用される事が多く、同じ目的のために使用されるのであれば一括表示をして良いと食品衛生法で定められているため、どんなに多くの種類を入れても、「アミノ酸等」の「等」を入れれば一括表示が出来るので加工する側としては大変便利な表示方法です。
最もよく使用されているのはアミノ酸糖類の「グルタミン酸ナトリウム(化学調味料)=独特の強いうまみ」です。

?酸化防止剤(ビタミンC)
酸化による変質を防ぎ、風味が落ちるのを防ぎます。また、発色剤の働きを助け、色を安定させる効果もあります。

*参考文献:『食品の裏側』 安部司著 東洋経済新報社
         『新・食べるな危険!』 小若純一著 講談社
        








ヒルトンカレービュッフェ

comments(0) trackbacks(0) 美味しいあれこれ 旅料理人 みかん

ヒルトン名古屋、

時々、カレーの面白いイベントやってるんだよね。


今年は
ヒルトンのシェフ5名が
腕を奮った
5種類のカレーのビュッフェというのが開催されていたので

行ってきました。



カレーの他、
ナンやサラダ、チャトニや漬物、デザートなんかも充実。




小皿が無かったので
全部乗っけもり!笑



・中国料理「王朝」料理長の
「タイ風シーフードカレー」

タイカレーがあんまり好きでないのだけど、
ココナツが効きすぎてないし、
トムヤムクンみたいなかんじで
とても美味しかったです。
ゴロゴロのシーフードで、旨味もたっぷり。

・日本料理「源氏」料理長の
愛知の根菜をふんだんに使用した「愛菜(あいさい)カレー」

まさしく日本人好みの
ご飯に合うカレー。
日本料理シェフの几帳面さも垣間見える、
「外で食べる、上品な和カレー」てかんじ。
ルウと出汁の成せる技。


・インド人カレーシェフの「ラワットカレー」

王道インドカレー、かな〜。
勿論美味しいけれど、オリジナリティにはやや欠けるかも。
ナンにぴったりのカレーです。


・副総料理長の「王道チキンカレー」

完成されすぎて、
「レトルトか?」と思ってしまう
誰にも好まれそうな、まさしく「王道チキンカレー」!
美味しかったです。


・総料理長の「ラム マンチャマンテルカレー」

カレーというより、ラム肉の煮込みみたいな。
フルーティで柔かいラム肉、意外に優しいお味でした。



デザートには、キャロットハルワも登場。


さて、このカレービュッフェ、
いちばん好きなカレーに投票して、グランプリを決める、という企画なのですが

どれも「ホテルのカレー」と呼ぶに相応しい、完成されすぎたカレーで

なかなか「コレがいちばん!」
なんて、選べにくい。


あえていうなら、
ビーツのチャトニが最高に美味しかったんだけれど…



結果、
グランプリは
http://www.hiltonnagoya.com/plans/restaurants/buffet/393/index.html

だったようです。

まー、誰がグランプリでも
納得なカレーでした。

ご馳走さまでした!



満腹すぎて、
この日は、ずっとお腹が減りませんでした。

★オマケ


近所に出来たインドカレー屋のランチ。

最近、何もない近所周辺に
インドカレーが増えてきたな。

パーティ料理案@グルマン

comments(0) trackbacks(0) 美味しいあれこれ 旅料理人 みかん
で、
金虎音楽祭の翌日、

本日は朝から
垂井のグルマン本店へ。

来週行われる、某企業様の貸切パーティの打ち合わせ。


料理内容の
コーディネイトのお手伝いをさせていただきました。


なんと人数が
90人近くの大人数のため、
カトラリーは使い捨てに。

ケナフ素材の紙皿を使って、


グルマンファームのハーブをたっぷり使った、豚の香草焼きに…


石窯マルゲリータに…


バジルの代わりにルッコラを乗せて。




グルマンのパン盛り合わせと…


プチシューに
チーズのディップを詰めて…


オリーブドリュックのめちゃ美味オリーブをあしらって…
(ここのオリーブ、
オリーブ嫌いでも食べれると思う!)

http://bigot-tokyo.co.jp/info_olivedeluc.aspx


ラタトィイユ、ビシソワーズと共に
プレートで提供。


これにデザートも付いちゃいます。
ミニサイズのチーズケーキになる予定。

写真が、お一人様分。
パンは食べ放題!

ご予算ギリギリの大奮発メニュー。
大御所グルマンだからこそ成せる技!


限定数量で、チーズに詳しいスタッフさんオススメのチーズも登場。

こちらは、熟成コンテチーズ。
表面の茶色は、熟成期間の長い証拠。

水分が少ない分、ぎゅっと旨味が詰まっていて
まるで栗のような風味と香り。

そのままでも美味いし、
ナッツ系のパンと合わせるとまた美味し♪


こちらは
名前忘れちゃったけど(カタカナ苦手。)、

フレッシュかつマイルドで
クセが無い
めちゃ美味い青カビチーズ。

青カビも、まだ広がってないので
青カビ初心者にも食べやすいかんじ。

特有のピリっとした塩気もちゃんとあるので、
ドライフルーツやハチミツなどの入った、ちょっと甘めのパンと合わせると美味しい♪




当日、晴れることを願います。
スタッフの皆様、宜しくお願いします!

昭和宇宙と亜鹿猪〜珍

comments(0) trackbacks(0) 美味しいあれこれ 旅料理人 みかん
最近
何かと試作することがあるので

家飯が実験室。

こちらは
トルコ風鯖サンドイッチ。

来週の柳原夏祭りメニューにしようと考案中。
http://vegeben.jugem.jp/?eid=1568&target=comment

昼間はカレープレート(数量限定なので
ご予約頂けると有難いです)、

夜の祭り本番は、
サンドイッチをご用意する予定です。

(ちなみに、カレープレート内容は
両日違います。たぶん)

バゲットのサンドイッチは
やっぱり食べにくいので

バンズ、ピタパン、などに
変更しようかな。

ソースはヨーグルトソースも美味しかったけど、
チリソースもいいな、
と思っている。

どうなるかは当日のお楽しみ。

さて
引っ張りダコの「喫茶クロカワ」。

昨日は
カレー食堂「ホジャナスレディン」隣の、
(ホジャ http://www.hojanasreddin.com/)

憩の集い喫茶「昭和宇宙」にて

クロカワくんの出張かき氷屋が
開店しておりました。



女将めめちゃんの
レトロ美しいセンスと




色んなあれやこれやが混じり合った、
よくわからない居心地の良さ!


めめちゃんの、
濃厚ショコラケーキと


黒蜜きな粉氷を堪能〜。


そして、
隣のハラールフードSHOPと


最近昭和宇宙メンバーに加わった、
子猫ボンちゃんも

しっかり堪能〜♪


ちきしょう、
むちゃむちゃ可愛いーーー!!!

この可愛さは狡いっしょ!!!


少し前に死んでしまったウチ(実家)の猫
も、
元々はこんなだったなあ〜



また会いに行こうっと♪
大きくなる前に…


さてこちらは、
ずっと行ってみたかった
パクチー食堂「亜鹿猪〜珍」。
http://s.tabelog.com/aichi/A2301/A230103/23047483/?lid=header_restaurant_detail_ctc_redirect


とりあえず、
突き出しに出された「蚕」にビビる…

触角や手足が無いので、
見た目わりと大丈夫でした。
なので、
二つともパクリ。

海老だね、こりゃ。
普通に美味しい。

二種類のパクチーてんこ盛り!の
揚げ春巻き。


唯一ココナツミルクを使わない、
魚介のスープカレー。

以前カレーの日で食べたのは
こんな感じだったかな〜
http://vegeben.jugem.jp/?eid=1395

パクチー同様、モリモリのピッキヌーにご注意。

追いパク、ご飯お代わりオッケーという太っ腹ぶり!


パクチー麺を使った
カオソーイも食べました。
(電池切れで画像無し。)
いわずもがな、パクチーてんこ盛り!



ちなみに先日、この麺を頂いたので

ウチでもトマト汁冷麺にして食べてみたけれど(上写真)
パクチー感はあまり感じられませんでした。

でもコシがあって、麺としては美味しいです。

じゃーん♪
そしてこちら、

モヒートならぬ、トムヤムヒート!

トムヤムクンに入るハーブ、
レモングラスやカー、ピッキヌーに
もちろんパクチーもどっさり!

トムヤム色を出すべく、
グレナデンシロップが入ってます。

ほんのり甘いので飲みやすい♪
しっかり潰しながら飲みましょう〜
味のベースは、トウモロコシの焼酎だって。

ピッキヌーの辛味も合間ってか、
酔いは早いよ。




少年みたいなキュートなマスター、
モリサワさん♪

「チカラぱん」のおじさんや、
「南洋の父」の父と
古い友人だと判明。

だいぶコアなメンバーだけど
妙に納得が行くよね(笑)


ごちそうさまでした!
是非また行きたいお店です。




タイ、ベトナム、トルコ

comments(0) trackbacks(0) 美味しいあれこれ 旅料理人 みかん
諸々が、
とりあえずひと段落したので



やっと、梅に赤紫蘇を投入。

葉っぱ剥くのに一苦労だけど、
紫蘇の香り、好き。

先日の講座の、エコトマト。
ソースにしてもまだ残るくらい頂いたので

この時期定番になりつつある、
トマト味噌を作りました。

こちら、白味噌バージョン。

こちら、豆味噌バージョン。

味噌が違うと
だいぶ雰囲気が変わる。

そのうち
未完弁当や未完プレートやらで
登場すると思います。
お楽しみに〜


さてさて
食道楽日記。

夏は南国料理をいただきましょう。

まずはこちら
東桜に新オープンした、
タイ、ベトナム屋台料理店「東桜パクチー」。
http://s.tabelog.com/aichi/A2301/A230104/23049094/

パクチー好きには堪らんネーミングですね。

この食堂ムードが素敵。

しかし、接客は
バリバリの居酒屋風…

活気があるのはイイコトだけど
もう少しユルくていい気もしないでもない。

単品だと値段がかなりお得。

セットのバンコクランチだと
色々食べれてお得。




バンコクランチをチョイス。

このオモチャみたいな器がいい。

揚げ物に、オイリーなカレーとトムヤムクン、
見た目よりお腹が膨れました。
お味はいたってフツーだけど
この雰囲気とムードがいい味を出してくれている。

せっかくのタイ米が
柔らかく炊かれてしまってたのがちょっと残念…

さぞかしパクチーが盛られてくるのだろう、と期待したら

パクチーは別料金で一皿100円だった。
なんじゃそりゃー


さてこちらは
大須の小さなタイ料理店、「ホームマリ」。
http://s.tabelog.com/aichi/A2301/A230105/23045682/




日本人と思われる、小さな可愛いママさんが
甲高いタイ語で挨拶してくれました。


カレーも麺類も、
全メニュー、ワンコイン内!

豚肉のパネンカレーをチョイス。

この値段で、このお味はだいぶイイ♪

ランチタイムサービスで
ポテトサラダとバナナが一口付いてきました。

わお、文句無し!

今度は麺類を食べに来ようっと。


こちらは
世界三大料理の一つ、トルコ料理。

「ロカンタアイハン」
http://star.gmobb.jp/lokanta_ayhan/

小さいけれど
綺麗でオサレな店内。

いたるところに登場する、イラストが可愛い。

トルコビール。
黒が美味しかった。


「イエニラク」という、アニスの香りの
葡萄の蒸留酒。

わー
めっちゃ、アニス!

前菜盛り合わせ。

ヒヨコ豆のフムスやナスのペーストや
トルコチーズなど。

こういう類ってわりと淡い味が多い気がするのだけど

こちらのは
どれもしっかりした味。
味にメリハリがあるというか。

あたしはとても好き。

本日のオススメ黒板メニューから、
「坊さんの気絶」。

正式名は、パトゥルジャンイマムバユルドゥ。
坊さんが気絶する程美味い、というメニュー名。

茄子の器にカポナータが詰まってる感じ。

派手な味ではないけれど
確かに、茄子にしっかり味が染みて
シンプルに美味しい野菜料理です。

これ、こんどやってみよ♪

ラム肉のトマト炒め


ドネルケバブ


お肉が美味しい!

ポテトの肉団子。

想像どおりのお味。
チーズ美味しい〜

デザート
ライスプディング。

コメと言うより、タピオカみたい。




以前食べた、
モロッコ料理やルーマニア料理と
(http://vegeben.jugem.jp/?eid=1520
http://vegeben.jugem.jp/?eid=1491)

食材の雰囲気は似ているのだけど

こちらのトルコ料理は
味にキレがあって
満足感のある美味しさでした。

基本的に
使われてるのは
茄子、トマト、じゃがいも、なので
今の時期に食べときたい料理ですね。



いっぱい食べても太らない夏、
ここぞとばかり、モリモリ食べましょー。














MORE THAN BISTRO

comments(0) trackbacks(0) 美味しいあれこれ 旅料理人 みかん

先々週、美食家Y子さんにお誘い頂き
「THE SHOP 12ヶ月」へ。
http://jyunikagetsu.blog58.fc2.com/?no=297

素敵なカフェで
美しい器に盛られた
美味しいモロッコ料理を頂いてきました。
http://jyunikagetsu.blog58.fc2.com/blog-entry-288.html



シェフは、
ポールボキューズのメニュー開発担当、
鈴木早苗さん。
(ポールボキューズhttp://www.paulbocuse.jp/lamaison/)

器は、水野正美さん。


銅製のカトラリーも美しい。

眺めて待っていると
テンションが上がります。


ミントの入った、モロッコ風カクテル。
名前忘れた…

モロッコといえば、ミントよね。
http://vegeben.jugem.jp/?eid=1491


前菜と、パン。


フムス:ひよこ豆のペースト
/クリーミーでマイルドな味わいです。

サラダモロッカン:トマトとハーブのサラダ
/爽やかなミントやコリアンダーの香りをまとったサラダです。

ザッルーク:茄子のペースト
/ほんのりピリッとした茄子とトマトのペーストです。



大須ベーカリーで特注したという、
ピタパンと、フォカッチャ。

軽ーい食感。



ラムとプルーンのタジン風煮込み:プルーンの甘味が絶妙な一品です。

骨つきラムが、三本ごろんと!
柔らかくて、甘〜い♪



オレンジとココナツのスープ仕立て + ミントティー

懐かしい味わいのデザートスープ。

昔、こんな味の乳酸菌飲料があったような…

ミントティーもまろやかで美味しい。
中国緑茶がブレンドされているのだとか。

食べ終えた器は

食器というにはあまりにも美しい…


モロッコぽくない器で
何故かモロッコ料理。
不思議。


使い古された、水野さんの銅鍋が
めちゃカッコよかった。

いつか儲かったら、あんな素敵鍋でカレーをグツグツ煮込みたいもんだ。

ご馳走さまでした。

5月末に、
ポールボキューズのデリが
名古屋松坂屋地下1階に入ったみたいですね。
http://kentnk.blog.ocn.ne.jp/kentnk/2013/05/2013529_deli619.html

無料ブログ作成サービス JUGEM