スポンサーサイト

- - - スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

白川町、オーガニックツアー その2

comments(1) trackbacks(0) 旅料理人 みかん
IMG_0533.jpg
お次は
GOEN農場へ。
(http://goenfarm.hida-ch.com/)

もともと名古屋で生活されていた服部さん、
街の生活でのストレス等から
食への興味が湧き、
食への探求心から
自然と現在に至るという

これもきっかけはシンプル。


沢山の有機生産者さん達も
それぞれに思いがあり

その思いによって
それぞれの農法で、それぞれの生産物を
育てられているんだなー
と感じる。

どれが良いとか悪いではない、

人間も十人十色なら
そんな人間が手をかける
作物も十人十色。

到着すると、
温かいお昼ごはんが待っていました。

こちらでつくられた、
古代米を混ぜた新米と
たっぷり野菜のけんちん汁。
蒸かしたサツマイモと里芋、梅干、お漬物。

お芋が甘くてホクホク!

今年は夏が暑かったので、
普通のサツマイモより
九州野菜の紫イモなんかが豊作だったようです。


こちらの畑では
農の経験から得られたという、
「炭素循環農法」を実践されています。
(炭素循環農法→http://www.ruralnet.or.jp/gn/200910/tanso.htm)

有機の堆肥、窒素分を
土に与えるのではなく
炭素を餌として微生物に与えることで
空気中にある窒素を
取り入れられる状況をつくるという、
斬新な農法。

畑には、
生のシメジや木材チップが
ゴロゴロしていました。


そうして育てられた
人参の美味しいこと!

煮物にして頂くとほっこり甘くなる、
人参臭さと苦味のある、締まった人参も好きですが、

こちらの人参は
みずみずしくてエグミがなく、
甘みが非常に強い!

断然、生かジュースとかで
頂きたい逸品。


畑見学し、
エゴマの油絞りまでの一通りを見せて頂いた後は

農薬ネオニコチノイドの被害についてのお話。
(http://ja.m.wikipedia.org/wiki/ネオニコチノイド?wasRedirected=true)


世の中
知らないことは沢山。

それに対しての
意見や考え方も、十人十色。


何が正しいかを探るのではなく、
じゃあ自分はどうすべきなのか、を
考えていきたい。


服部さんご夫妻、
ありがとうございました。

→続く。




スポンサーサイト

- - - スポンサードリンク
コメント一覧

自然とともに関わる人の笑顔は素敵ですね。それが作物にも反映されますね。楽しく、みんなが幸せになるそんな農作物。大事に食べたいですね。有機はみんなちがってみんないい。

  • おにさん
  • 2010/12/27 7:25 PM
コメントする

 

トラックバック

この記事のトラックバックURL

無料ブログ作成サービス JUGEM