スポンサーサイト

- - - スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

師走の波

comments(0) trackbacks(0) 日々のあれこれ 旅料理人 みかん
師走です。

周りも
自分も
なんだかバタバタしている。

バタバタの波の中には、
波乱という波も
付きもののようで。

なんだかなー。


こういうとき
決まってあたしは宙ぶらりん。

それぞれの言い分も解るし
それぞれの想いも良く解るので、

どちら側の意見に旗を上げることも
誰かの目線に付くことも出来ない。

意見を求められても
ただ客観的なことしか云えない。

なので
自分がどういうスタンスでそこに関わるべきなのかも
よく解らなくなってしまう。


あー
あたしってずるいなぁ、とは
思うんだけれど…


ただ
どういう立場に立ったとしても

自分の行動と
自分の仕事と
自分が起したことに関わった相手にだけは
責任を取らねばと思う。

無責任だと取られたとしても、

自分のやるべき事を
何より優先して行かねばと
思っている。




さて

珍しく、
クッキーを焼きました。
それはたくさん。

来週末の講座の試作です。

卵バター無し、
小麦粉と油で作った
シンプルバージョンや


油と小麦粉に片栗粉を加えたバージョンや


卵とバターを使とたバージョンや


卵は無しで、
バターと小麦粉バージョン、


バターは無しで、
卵と油と小麦粉バージョン。


勢ぞろい。
ちょっと気味悪い光景…笑


ワークショップ的に
「子供と一緒に作るクッキー」なので、

出来上がりの味はさて置き、
大事なのは工程。

子供がべちゃべちゃと練ってしまっても
そこそこに美味しく焼きあがる生地。

混ぜるだけー、で
難しい技術を必要としない
扱いやすい生地。

時間の都合もあるので、
ベンチタイムを出来る限り減らしても大丈夫な生地。



いやいや…
何度も言いますが
粉もの作りは苦手です。

1gが命取り!という繊細な粉もの。
「計量して調理する」ことが
あたしにはそもそも無理だし

焼き上がりや、ベンチタイムなどの
空白の待ち時間を要するのも無理。
せっかちなので。


料理なら
出来上がって盛り付ける一秒前まで
臨機応変が効くけれど、

粉ものではそうはいかない。


焼き上がりの
手持ち無沙汰の時間は

福神漬けを作ったり


干し芋作ったりして

費やした。


焼き菓子、スイーツ、パンが
上手に作れる人を
心から尊敬します。


★オマケ

八風農園、ふうくんのカボチャ。

宿難カボチャとバターナッツの合いの子と聞いたけど

生で食べたらコリンキー的な、
ソテーしてみたら繊維質が素麺カボチャ的な。

さっぱりした甘味は確かに宿難カボチャ、
煮崩れやすい水分は確かにバターナッツ。

これ、めっちゃ美味しい。
新種カボチャ!


こちらは
ゆうき農園、ゆうきくんのワサビ菜。

先週購入したのに
まだこんなにピンピンしている。


こちらも
来週末の講座の試作も兼ねて。

たっぷりのワサビ菜や人参菜と
味噌漬けした鶏肉(岡崎おうはん鶏使用)

サヤちゃんの食パンでサンドした賄い。

味噌漬け鶏は
ハムみたいに低温で茹でたのと
グリルしたのを試作。

焦げやすいけど、グリルした方が
味がしっかりするね。



スポンサーサイト

- - - スポンサードリンク
コメント一覧
コメントする

 

トラックバック

この記事のトラックバックURL

無料ブログ作成サービス JUGEM