スポンサーサイト

- - - スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

大豊軒ゆるゆる食事会

comments(0) trackbacks(0) 美味しいあれこれ 旅料理人 みかん
 

昨日、一昨日と
熱海に行ってました。

なにかと気苦労の多い旅だったので
早朝、誰よりも早く起き、一人占めして入った露天風呂で
日の出を見れた時が、唯一の至福のヒトトキでした。


梅花園・・・て言ったかな?

こちらの紅葉も綺麗でした。
だいぶ寒かったけど、足湯に癒された。

温泉大好き。お風呂大好き。
できることなら、冬はお風呂で冬眠していたい。


で、名古屋に戻ったその夜に
可児の発酵レストラン「大豊軒」へ。
(大豊軒 http://taihouken.com/

前回訪問の様子
http://vegeben.jugem.jp/?eid=1373


壁が整えられたり
店内に薪ストーブが設置されてたり
前回とは、まただいぶ雰囲気が変わってました。

さて今回は、
また食べに来たいけどなかなか来れない場所だし
どうせなら数人で、お任せコース的にいろいろがっつリ食べたいね!
みたいに前回訪問後話をしていたところ
N川くんが企画してくれた、その名も「大豊軒ゆるゆる食事会」。

それぞれの友人知人を呼んだりして、
食や農に関わる十数名での会食となりました。


こういう時、仕方ないのだけど必ずあるのが「自己紹介」のシーンで、
この場面があたしは実に苦手だ。

このたびに、自分が何者なのか何をしてる人なのか
自分自身でもよく解ってないことが解ってしまうのが、切ない。

堂々と自分を語れる人を、本当に尊敬する。

じゃん。
まずは前菜。

あ、そういえば
メニュー名を何一つ聞いてなかった・・

手前は、山芋を練りこんだというテリーヌ。
弾力があって、かまぼこにも近い雰囲気の、和風テリーヌといった感じ。

サラダのドレッシングも美味しかったなー
胡麻風味の、いろいろ漬物の汁とかを混ぜ合わせたという発酵ドレッシング。
ぴりりと辛かったのは、わさびリーフかな?

自然の中で育てられた、「おうはん鶏」のツミレの鍋。(ポトフ?)

んーツミレになると、また一段と味わい深い・・・
めちゃ美味しい。

カキのオーブン焼?的な。

大振りのプリプリの身にチーズ。
レモンを思い切り絞って、汁ごとパクリ。
ウマ〜〜♪
今年初カキかも。


岐阜のあんしん豚の、酢豚的な。

肉厚で弾力があるけどちゃんと柔らかい、甘いお肉に
めちゃウマな黒酢っぽいタレがたっぷり。

このタレを、
自家製酵母の蒸しパンに付けてしっかりぬぐうのだ。

このパンがまた美味しい。
天然酵母的な匂いも無く、ふんわり綺麗にふくらんで
ほんのり甘い。

でた〜
パスタ♪

自家製の平打ち麺に、天然海老とたっぷりの葱ソース。

とろとろのペーストにした葱に、おうはん鶏の出汁を加えてあるのだとか。

無敵のソースです。
中華鍋で炒めてるのかな?麺に残る焼き目もまたいいかんじ♪



やー
今回も、おそろしく美味しかった!!
ボリュームも、食材も、内容も、めちゃめちゃ贅沢!!

旅の疲れがふっとびました。

大豊軒さん、企画してくれたN川くん、集まった皆々様
アリガトウございました。

ごちそうさまでした!


スポンサーサイト

- - - スポンサードリンク
コメント一覧
コメントする

 

トラックバック

この記事のトラックバックURL

無料ブログ作成サービス JUGEM