スポンサーサイト

- - - スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

トラネコボンボン5日間のレストラン 料理長は猫だった

comments(0) trackbacks(0) トラネコボンボン 旅料理人 みかん
 まずは、だいぶ前に行った
「ピッツァイースト」のディナー写真
http://www.pizza-east.com/


石釜焼のピッツァが有名なお店です。

コースを注文しました。

こちら、前菜盛り合わせ。

数種から選べるピッツァ。
モッツアレラとバジルのピザと、山羊チーズとイチジクのピザ(だったかな?)のハーフ&ハーフ。


全体写真が無いけど、こちらはペンネアラビアータ。
ピザ以上に、ここはパスタが美味しかった!


メイン。
たしか羊肉のローストだった気がする。



デザート。
これはちょっと甘かったかなー



そして、
先日行ってきた、「トラットリアトペ」のディナー。
http://www.trattoria-tope.com/product/owner/owner.html

旬のオススメコースを注文。

まずはお口取り。
黒鯛のカルパッチョ。




前菜は、二台のワゴンに乗った数種類から
それぞれ4種セレクト。


焼いたり揚げ直したり
ソースをのせたりして、美しくお皿に盛られて登場。

豚肉のテリーヌ
鴨肉のロースト、バルサミコソース
フォアグラのフラン
ジャガイモと明太子のマッシュポテト的なもの

ハムと玉葱のキッシュ
南瓜のパテみたいなやつ
牡蠣をオランデーズソースみたいので焼いたもの
モッツァレラとバジルのクロケット


パンはお代わり自由。
どれも軽めのパン。
フォカッチャみたいのが美味しかった。


白インゲン豆と野菜のトスカーナ風ズッパ “ リボッリータ ”

パンを浸して食べたい感じ。


北海道産 鱈の白子とルーコラ、フレッシュトマトのスパゲッティ

もっとさっぱり系かと思ったけど、
意外にクリーミー。



蝦夷鹿 ロース肉のソテー 赤ワイン ヴィネガーと蜂蜜のビガラードソース


弾力があって柔らかい鹿肉。しかもぶ厚い!

ソースも濃ゆすぎず甘すぎずたっぷりすぎず、いい感じ。
程よく鹿肉の癖も感じられて、
うーん、これは実に美味しい♪

デザートも、ワゴンから3品ずつセレクト。

リコッタと松の実のケーキ
南瓜のケーキ
フロマージュブラン的なレアチーズ
バジルのシャーベット
マスカルポーネのアイス
卵白で作ったプリン

満腹すぎたせいもあり
どれもおんなじ味のようにも感じられた。
卵白でつくったというプリンが
美味しかったな。
ミルキーで軽い。




きちんとした食材をつかって
きちんとした料理をして
きちんとしたメニューを提供する、名の知れたレストラン。
何を食べたってたいてい美味しい。
そんなお店はいっぱいある。

なので
「どこの料理が美味しい?」
とか聞かれると困る。
美味しい、とか
不味い、という言葉では応えられない。


そんななか
「感動する料理」には出会うことは少ない。

記憶に残る料理。
また会いたい!と思う料理。
食べていると笑みがこぼれてしまうような
シアワセになる料理。
食べ終わるのが勿体なくて
でもいつまででも食べていたい料理。


はい、
だいぶ前置きが長くなりましたが

感動する料理に再会してきました、って日記が
ここから始まるわけです。


憧れのトラネコボンボンと
こんなに早く再会できるなんて・・

(トラネコボンボンその1 http://vegeben.jugem.jp/?eid=1344
トラネコボンボンその2 http://vegeben.jugem.jp/?eid=1345



さて
今回の会場も、三重の而今禾。l

「トラネコボンボン5日間のレストラン 料理長は猫だった」@而今禾
http://www.jikonka.com/cafe_food/place/5.php


結論、
料理長は、猫ではありませんでした。
人間でもありませんでした。

魔法使いです。
うん、間違いない!


本日のMENU


「あらいぶきっちん」の豆腐を使ったスープ

一口すすっただけで、
テンションアップ!

やさしいながら、このガツンとくる旨味!
なになに?この透き通ったスープがなんでこんなに美味しいの???

サラダ

何種類の野菜が入ってるんだろう・・・
ってくらい、いろんな野菜がたっぷり美しく盛られ、

カシューナッツ系?
このソースもめちゃんこ美味しい。

メインのプレート

今回は、全てレストラン仕立ての白い器に盛られていました。
(ナチオさんご持参なのだとか)

味付けも、前回の和の雰囲気とはまた違って
塩やオリーブオイル中心の、洋っぽい雰囲気でした。


美杉の切干牛蒡の玄米ごはん

ふぁんきー農園さんの、
人参のフライ
ブロッコリーのフリット
小カブの塩蒸し

白いんげんとカリフラワーの軽い煮込み

イチジクのマリネ
赤キャベツとビーツの甘酢


食材の良さはもちろんだけど
たとえば同じ食材を使ったって
同じ組み合わせで同じ料理を作ったって
こんな味にはまずならないでしょう。

いったい何がどうなっているの??
ただのマリネがなんでこんなに美味しいの??
ありがちな揚げ物がなんでこんなに美味しいの??

絶妙すぎる塩加減と
絶妙すぎる味のバランス

色もカタチも食感も

うーん、アートだ。

ごちそうさまでした、の器が
絵の具のパレットみたいに見えました。



ホット柚子エード。


ぽっかり月が浮かんでいるみたい。




外では、この日限定の
ミアズブレッドさん×トラネコボンボンのサンドイッチも販売。


わあ〜〜〜
と近寄るも、全て予約済みで完売とのこと。

せめて写真だけでも、と
パチリ。


さてこの日は、而今禾でのオーガニックマーケットも開催されており


トラネコランチで使われていた食材や、
フレイトレシピのスコーンや、
コバレレ珈琲も出店。


そこへ天の声!
「二つ買ったんだけど、一つ食べる?」

コバッち、ありがとうーーーーー!!


そんなわけで
コバレレのコバッちから、トラネコサンドイッチをGET♪

軽くてしなやかなミアズブレッドさんのパンに
切干やひじきの入ったキンピラ的煮物、
ルッコラに、芋のマッシュっぽいのも入ってました。

これも、絶妙に美味しい。
ミアズブレッドパンも、やはりサンドイッチにとても合うパンです。
(ミアズブレッドのサンドイッチ http://vegeben.jugem.jp/?eid=1147




ああ、願わくば

次に生まれ変わるなら
美味しい野菜になって、トラネコボンボンに料理されたい・・・

真っ白な器っていう、ウエディングドレスでね。
(食べるのはイケメン限定。)



帰り道、
遅くなったので寄り道して夕ご飯。

オーガニックカフェ「ino」へ。
http://ameblo.jp/ino-cafe/

ワイルドな雰囲気の店主(?)さんと
野性的な店内に
なぜか女性的アロマ製品(しかも手作り)が並び
お食事はヘルシー。
北欧っぽいカップや器はなんだか可愛らしい。

いろんなアンバランスが面白いお店でした。


ご馳走様でした〜

Y子さん、一日お付き合いアリガトウ♪


オマケ★

そんな、食道楽(ごめん)専門と思っていたY子さんから
手作りパンをいただきました。

めっちゃ美味しいんですけど!!

ぎっしりの胡桃に、
きゅっと詰まった甘味のある生地♪
パリッと香ばしくしっかり焼かれた外側も最高。

neccco市にスカウトしたいです。

第二弾、待ってまーす♪

スポンサーサイト

- - - スポンサードリンク
コメント一覧
コメントする

 

トラックバック

この記事のトラックバックURL

無料ブログ作成サービス JUGEM