スポンサーサイト

- - - スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

沈黙と、海旅キャンプ

comments(0) trackbacks(0) 旅レポート 旅料理人 みかん

えー
もうすでに一週間ほど、
全く声が出ません。


遡ること6日前、
体調不良のまま向かった海旅キャンプ。
http://ameblo.jp/umitabicamp
 
そこで残りの体力を使い果たし
喉もつぶして帰ってまいりました。

3日ほど寝込み、
熱が下がってからも声だけが戻らないので
(注:食欲は旺盛です。)

昨日は、とうとう病院へ。

あたしって実は
あんまり健康体な方ではなく

単に、痛みに強く、ガマン強いだけなのだったりする。

なので、病院にいったときは
たいてい
「なんでこんなになるまで放っといたの??」
と怒られるのが常。

「症状はいつからか」、と聞かれ
「先週の水曜辺りからです」、と応えたら

「一週間以上も内科にもかからず、何してたの?!」
と言われたので

「黒豆汁を飲んだり、甘酒で断食したり、
キャンプ行ったり、大根湯を飲んだりしてました」
と応えたら

思い切り呆れられました。

・・・みなさま
現代の病気には
現代医学とも
上手に付き合っていきましょう。



さて
本当は夏休みのハズだった、この一週間の完オフ。

一人でどっか遠出でもしたいなーと思ってたのが
まるっと自宅療養で終わったわけですが

熱が下がってすっきりした頭の中で
調度一年前に、ビパサナーに行ったのを思い出す。
http://vegeben.jugem.jp/?eid=1137


今は、
あえて自分の居る場所で
ビパサナーを強いられているかのようにも思える。

どっか場所を変えて逃避するでなく、あえて自宅で。


そんな風に考えると
普段じゃまったくありえない、一週間のひきこもり生活を
すごく貴重で心地よいものと感じられてきて

普段しないようなことを
時間をかけて
ゆっくり
楽しんでみたり。


クッキーを焼いてみたり・・・


カレー研究してみたり・・・
(同じ材料と同じマサラで、少し手法を変えて、味比べをしてみた。)


甘酒アイスを仕込んでみたり・・・
(アボカド×甘酒×豆腐。これめちゃウマイです。)


家でカフェ飯風に味わってみたり・・・・
(夏野菜処理飯とも言う。)


久々に絵なんか描いてみたり・・・


料理本通りにカレーをつくってみたり・・・


ミスドのカレーパンに手を出してみたり。



梅干も干した。

梅はいつも、満月の夜から干して
月と太陽の両方を浴びさせる。

帰って直後が満月でした。
危なかった!忘れるとこだった。


半分は、瓶干し。

瓶ごと、梅酢に漬けたまま干すことで
ほろほろっとした仕上がりになります。



そんなこんな、

きんきらきんのぎんぎらぎん、
ランラランラランで、一週間♪♪



さてさて、

海旅キャンプは、といえば
無事終了したようです。


スタッフのみなさん、本当に本当にお疲れ様でした。


一泊二日間のみ、調理班のみに徹したあたしは
あんまり福島の方々とは接していないのだけど

川遊びの様子や
食事中の様子など

見てたら、みんな
きらっきらでした。


日本中、どこへ行っても
こんな風に
きらっきらに遊べたらいいのにね。


同じ世代のお母さん方とは
もうちょっと話をしてみたかったなあ〜。





そんな、
きらっきらの裏側は。。。

実に
ドッタバタの戦場でした。

常時スタッフのみなさんの体力と精神力に、
あっぱれ、としか言いようがないです。


そんな
裏側キャンプ日記を少々。



あたしが到着したのは、月曜日。
着いた早々、スタッフのゲッソリ具合にだいぶビビリ。

調度、
「夕森荘」から「山なんや」に移動したばかりで
全体を把握している人が誰もおらず

たとえば50人分のお茶を沸かすのに、
やかん、お茶葉のありかを知っている人もいないわけで。

一つの物事を行うのに、
普段の50倍の量というのに
一から探して、持ってきて、運んでから、行わなければならないっていう。


こりゃ大変ダー。

あたしのご飯担当は、翌日の朝昼。
当日突然出された「カレー禁止令」と
「玄米ライスペーパーは必ず使わねばならない令」と
早めに使わねばならない食材の山とで
だいぶ混乱しつつ、

とりあえず
冷蔵庫と食材の整理から始まる。

しかもキッチンが
冷蔵庫から5分以上離れた坂の上にあるっていう・・・


この行き来に一苦労。
仕込ができる状態に整えるまでで一苦労。
一台の一升炊きジャーで、米を50人分炊くのに一苦労。


助っ人なんていいよー
50人のご飯、一人でやったるぜ!

なんて
行く前は余裕かましてたけど

とんでもございません。
家でつくるのとはワケがちがったー


調理班でもないのに手伝ってくれた
たくさんの手に、感謝。


そして
突如現れ、
ちゃっちゃっちゃーと春巻きの具用の惣菜を作ってくれた
三重の男前に、感謝。




で、できあがった昼飯がこちら。











あれ!

ふりかえったら、
あたしがまともにつくったのは、ラタトゥイユとソース類だけじゃん。

揚げてー
巻いてー
ちぎってー
洗ってー

と叫びながら、声をつぶしてただけっていう・・・
うーん、何やってたんだーあたし。(--:)


で、
大寸胴二つ分、張り切って仕込みすぎて余ったラタトゥイユは
オーサワのルウとスパイスを加えて
インスタントカレーと化しましたとさ。

翌日食べてもらえたかなー

みんなのお腹に納まりましたの、証拠写真。

きちんと食べてくれてありがとう。
来た甲斐があったよー。


それにしても

びっくりするくらい山のような食料品、
支援してくださった皆々様、ありがとうございました!

どの野菜も果物も、めっちゃくちゃ美味しかったし、

梅干とかデザートとかも
めっちゃくちゃ美味しいのがいっぱいいっぱい。

作るのが楽しかったー

こんな食材で
制限なく、料理したら超最高だろうな。


日本の食材は
まだまだこんなに美味しいのだー

日本の食料にバンザイ♪


山なんやの主、トミーさん。(右)

ここにあるもの、なんでも使っていいよー
の太っ腹なそのお声に、

遠慮なく、オリーブオイル丸一本使わせていただきました。
感謝!



てなかんじで
長々しい裏レポート、失礼しました。

表のきらっきらの笑顔は、こちらから。↓
http://m.facebook.com/groups/153944234742687?src=email_notif


改めて、
海旅団の皆様、お疲れ様でした。
無事でなにより!



★おまけ★

帰り道、
ぱんぱんに浮腫んだ身体を

エリー&来日中のセクシーガイ、デスティンに
揉みほぐしてもらう、の図。

川が冷たくて綺麗で気持ちよかった!
今度は普通に遊びに来たいなー

スポンサーサイト

- - - スポンサードリンク
コメント一覧
コメントする

 

トラックバック

この記事のトラックバックURL

無料ブログ作成サービス JUGEM