スポンサーサイト

- - - スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

みかん弁当50食

comments(0) trackbacks(0) みかん弁当 旅料理人 みかん



昨日は、50人分のお弁当配達。

しかも前日に、別件の仕事が入るというミラクル!

こりゃ徹夜だな、覚悟したのだけど
カレーじゃなかったし、内容も簡単なものだったので
意外と仕込みはスムーズに済みました。

カレーって意外に、
手間も時間もコストもかかるんだなー。
もちろん、その分愛情もひとしおだけどね。

そろった野菜があんまり無かったので
今回、お弁当の種類は二種に分けさせていただきました。

なにせ食材調達もママチャリなので
一度に50人分の買出しをするのは不可能。。。

近郊の朝市を中心に、
地元の産直八百屋など
ちょこちょことわたり歩いて集まった食材を眺めて
仕込み当日にメニューは決まります。

弁当メニューその1
★人参と切干のピラフ(あいちのかおり、5分搗き)
+菜の花の柚子コショウ和え

★レンコンの塩麹トマト煮
★金柑とサワーキャベツのパスタサラダ


甚目寺朝市の虹色ファームさんのレンコンを
オアシスエコ朝市の石川農園さんの手づくり麹を使って仕込んだ塩麹を使って煮た
トマト煮。

瀬戸の道の駅で買った、無農薬ローリエとともに。

レンコンは、
繊維を断つように輪切りにするとシャキシャキに
繊維を残すよう縦切りにするとむっちりした食感になります。


金柑は、前日のエコ朝市で
緑のじゅうたん農園さんが、飾り用に彩りで敷き詰めていた金柑。
美味しそうだったので、分けて欲しいと頼んで購入。

小ぶりだけど、甘くて美味しい。

まさき農園さんの人参でドレッシングを作りました。



弁当メニューその2
★人参と切干のピラフ(あいちのかおり、5分搗き)
+わさび菜の麹漬け

★大根の甘酢きんぴら
★青菜とワカメの中華風ナメタケ和え


たまたま安売りしてたエノキを発見したとき、自家製ナメタケをつくっておいた。
調味料は、みりんと醤油、出し昆布のみ。
THE煮るだけ♪

最初にみりんだけ入れて煮ておいて、最後に醤油を加えると
醤油の風味が生きた柔らかい仕上がりになる。

最初から全部一気に加えて煮ると、焦がし醤油のパンチの入った風味になります。


胡麻油、トライバルの手づくりコチュジャンも加えて
中華風の和え物に。



知多産のごん太おでん大根は
甘酢のさっぱりきんぴらに。

このとき出た煮汁をと
余った大根のしっぽを使って
夕飯は大根餅をつくって食べました。まいう〜♪


「あいちのかおり」の五分搗き米は
摩り下ろした人参と、切干大根とともに炊いてピラフ風に。



さて50個のお弁当、
何が大変て、詰める作業が一番悩みどころ。

ご飯も惣菜も、多少冷めないと蓋は閉められないし
そうこうしてる間にあれよあれよとご飯が乾いてくるし・・・

10個ずつくらいに分けてちょこちょこと詰めていくのがベストだったかもだな。
反省。



今回お届けにあがったのは
伏見ライフプラザで行われた、「幸せの経済学」の自主上映会。
http://www.shiawaseno.net/archives/2732




オーガニック映画祭では見ることができなかったので
お弁当お届け後の、午後の部の上映に参加させていただきました。

「へえー!」とか「なるほど!」とかいう感じではなく
「うんうん、そうだよね」みたいな、
改めて確認ができたって感じの感覚だったな。



あの雨の中、
まさかママチャリヤカーで配達したの??
と思ったそこのアナタ。

いえ、さすがに車。
困ったときの、親頼み・・・。


父母、
今回ご注文くださった上映会のスタッフさま、
ありがとうございました。




そしてそんな夜、
ご褒美といわんばかりに、
こんなお土産が届きました!

じゃじゃーん♪

福岡に行っていた、美食の女王Y子さんからの
福岡美食パン土産♪♪

私がクロックムッシュ研究中なのを知っててくれて
いろんな情報とともに、現物まで与えてくれるという・・・

神!!

Y子さん、いつもありがとー!

スポンサーサイト

- - - スポンサードリンク
コメント一覧
コメントする

 

トラックバック

この記事のトラックバックURL

無料ブログ作成サービス JUGEM