スポンサーサイト

- - - スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

福津農園収穫祭 その2

comments(0) trackbacks(0) 旅料理人 みかん
土と水と緑を守り
自然の動植物と人の調和する
農的環境を考える場

生命と物質が循環し
安全で美味しい食べ物を育む
有機農業の里

それが、
福津農園。

松沢さんが脱サラして農を始め、
もう28年ほどになるそうです。




こちらは、
大きな大きなニッキの樹。


その根っこ。

うん、シナモン!!
かじると、甘〜い香り。

苗をいただいたので、畑に植えます。

自家製シナモン使ったカレーが作れるかな〜


このすももの樹の下には、
ばら撒きされた桜島大根がにょきにょき。

こうして、
野菜は果樹園とも共存することができるのです。



農家は、
エネルギー生産者である、と松沢さんは言います。

ビタミンやなんだという「栄養素」を採ること以上に、
私たち人間は、単純に
「エネルギー」を欲するから「食」するのだと。

太陽、風、水、空気、
その自然のエネルギーが凝縮されることで生まれた「食べ物」をいただくことで
私たちは、同じ自然界に存在することができる。
自然の中で動き、笑い、生きていくことができるのです。

10年以上、無農薬・無肥料・不耕起で作っている田んぼ。

そんな神がかった田んぼに、
自治体の研究員やらが調査にやってきているのだそうです。


斜面も上手く利用して、カボチャを育てたり


竹林の日陰を利用して、キノコを栽培したり。
湿気のある土地を利用して里芋を植えたり。


28年間、野菜や草花たちを観察してきたからこその知恵と工夫。


食べることを目的に作る「作物」は、
決して野生の生き物ではないので

こうして
動くことのできる人間が
自然に作り出された場所を有効活用することで

動くことの出来ない、選ぶことの出来ない作物たちの
住みやすい環境を探して
その成長を見守っていく。

食べ物として
自然の中からいただくものを、

いかにその環を壊すことなく
いかに最適なカタチで育てていくか。

作物=作る物。

人間の、その知恵も
自然界の環の中の一部なのかもしれないと思った。

肥料には、時には鶏糞をやることも。

傷のついたくず野菜を食べている鶏たち。

全てがこの農園で循環しています。


一つの命が去ったからこそ
生まれる新たな命。

次の命に心地の良い空間作りを、
それぞれの命が育んでいる。

次の命のために生えてくるかのような
新たな命。

そこに
別の物質の加わる余地はなく

自然界はそうやって、
「共存」していくしくみに
既になっている。

そうやって、
共存しなくては生きていけないしくみに
既になっている。

一人だけ生き残ろうとか
一人だけ大きくなろうとか

独り占めしては生き残りにくい、
独り占めしては全体のバランスが崩れてしまう、
そして結果自分が生きれなくなってしまう、

世の中は、
そんなしくみになっているのです。


さてさて!
お待ちかねのご飯タイム〜

大きな鍋で煮あがった鶏鍋に・・・




地元の米農家さんたちの
お米を使った、五平餅。

塗られたクルミ味噌のクルミも、
この農園で採れたものです。


農家さん方が作って来てくれた、
漬物やお惣菜などなど。

大根のナマス、白菜の漬物が激ウマ!


採れたて卵のゆで卵、
オムスビ、
刺身こんにゃくなどなど。


オムスビ、激ウマ!

粒がめっちゃんこ大きくて、粒感がしっかりしてて、
こんだけ冷えてても美味しい〜



てんこ盛りのマイ皿。


お米農家さんのご挨拶。

「若い方たちにこんなに喜んで食べてもらえて、
エネルギーをもらえるから
また美味しいお米をつくることができる。
ありがとうございます」

とおっしゃるおばあちゃん達。

・・・それはこちらの台詞です(笑)


ご馳走様でした!!
本当に、美味しかった!!



松沢さん、農家のみなさん、
素敵な会を、ありがとうございました。

福津農園
http://www.bea.hi-ho.ne.jp/michinaga/s-fukutsu.htm






さてさて、
松沢さんは、2011年2月19日に「ウィルあいち」にて行われる
「なごや国際オーガニック映画祭」にも携わっておられるわけですが

この映画祭で販売される「祭菜弁当」、
これが超豪華!!
必食ですよ〜!!

内容は、
金山の「のら」さんhttp://www.ne.jp/asahi/genmai/nora/
昭和区の「棘」さんhttp://yakusoulabotoge.blog90.fc2.com/
各務原の「空歩21」さんhttp://www.karappo21.com/

それぞれが惣菜を1〜2品ずつ作り、
それを一つの弁当箱に詰め込んだ、
それはそれは贅沢な玄米菜食弁当なのです。


なんと私もありがたいことにお声かけいただいたのですが、
私はこの映画祭の試食料理のお手伝いをすることになり、

このお弁当に関しては、
みなさんのお惣菜を詰め込んだり、ご飯を炊いたり、
もしくは穴埋め的にサラダ的なものくらい作ったりと
関わることになるかもしれません。

個人的にはこのお弁当、買ってでも絶対食べたいと思ってます。


詳細は、こちらにアップされてくると思いますので
要チェック!!

なごや国際オーガニック映画祭
http://nicfoa.com/nicfoa/index.html




スポンサーサイト

- - - スポンサードリンク
コメント一覧
コメントする

 

トラックバック

この記事のトラックバックURL

無料ブログ作成サービス JUGEM