スポンサーサイト

- - - スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

新米とビールの会 inソラミミFARM  その1

comments(0) trackbacks(0) イベント(出店) 旅料理人 みかん
 明後日までに仕上げなければならない仕事があったのだけど
なんだかんだとバタバタしてたし
しばらく手をつけないまま放置してたら

日曜の「新米の会」が終わった瞬間、焦りと不安が一気に押し寄せた。

なんとか先ほど一気に仕上げました。
あーすっきりした。

まあ、時間があろうと無かろうと
期限をつけられるとたいがい
間際にならないとやらないタイプです。

早めに片付けるとか
こつこつ終わらせてくとかいう
要領のよさを持ち合わせておりませぬ。

テスト前の学生気分。
テストもたいがい一夜漬け派。
(なのでたいがい浅漬け)


形にならないモヤモヤを
ずっとしょってるのも結構ストレスではあるんだけど

優柔不断なので、ぎりぎりにやった方が色々と迷わず集中できる気もする。





さて、
一昨日の日曜日は
小牧のソラミミFARMにて、「新米とビールの会」。
お腹いっぱい楽しんできました。


まずは今回の未完カレー。
甘口と辛口の二種類を用意しました。


牛蒡とレンコンのキーマ風カレー。

普段あんまり使わない強めのスパイスを効かせて
ミンチにした根菜をしっかり炒めて
ご飯がススム感じに仕上げました。

青唐の醤油漬けを加えたら、珍しく結構辛くなっちゃった。

私自身は実はかなりの激辛好きなんですが
和家ランチ提供中、辛いのが食べられないお客さんが多かったし、
「子供も食べれますか?」ともよく尋ねられるので

以来、販売用カレーは辛味を入れないようになりました。

老若男女問わず食べてもらえるれるように。



全く雰囲気の違うカレーにしたかったので
こちらは甘口、マイルドなココナツ風味。

ヤーコンと黄人参のタイ風カレー。


こちらは、新米の風味を邪魔しないような
やさしい味のお惣菜風カレーに。



だいたいいつもタイ風カレーを作るときは
カレーペーストを作って、そこから炒めたり煮込んだりするのですが

今回は
野菜を重ね煮して、レモングラスとコリアンダー(両方自家製)で
風味付けしただけのシンプルなカレーに。

夏野菜は、煮るより
炒めたり揚げたりすることで、旨味を中に閉じ込めるのがより美味しいけれど
冬の根菜類は、
コトコト重ね煮することで、じんわり外に出てくる旨味の出汁がより美味しいと思う。


仕上げに、甚目寺畑の青菜たちを
さっと炒めて合わせました。

正体不明のアブラナ科の菜っ葉と、白菜菜(Hさんが育てたもの)。
白菜菜は、炒めるのがだんぜん美味しい。


白菜って、「白菜」として採れる時期より
若い菜っ葉か、春先に咲いた花の時期の方が
私は好きかも。



ご飯に合いそうな自家製のご飯のお供達も
つれていきました。

大根菜の塩漬け、大根菜の醤油漬け、人参菜の炒め物、
梅の醤油漬け、葱の醤油タレ、
そして葱味噌。

カレーより何より、
今回この、自家製葱と自家製味噌(しかも母の30年もの味噌も配合)の葱味噌が
一番の自信作です。

これ、我ながら相当うまい!

これだけで、どんぶりご飯がイケちゃうよん。




朝から晩まで、
始終いいかんじに賑わっていました。


ソラミミの主、ニラ男さんの御実家で作られた
無農薬の新米を釜で炊く。

いい匂い!!


火を操るのは、
お馴染み、「サムライ」こと「リス男」くん。

最近、サムライ的後ろ髪がばっさり無くなり
現代風の若者に変身しました。



炊き上がり!!

つやつや!ぴかぴか!
あまーーい!

うまーーーーい!!!


新米のもち米を使った赤飯も。

このもち米も、うまーーー!!

ふんわりもっちり、とにかく甘い!


鳥五目飯も!


炊き込みにしても、
ご飯粒がしっかり立ってる。

やばい、相当美味い!!!


どんぶり数杯分は食べた。
ご飯て飽きないな〜〜


炊き上がって匂いを嗅ぐたび食べたくなるし、
食べれちゃうんだよね。

おかずを殆ど取らなかったので(自作の葱味噌ばっか添えて食べてました)、
確実に食べ過ぎてるのに
もたれないし重たくもならない。

で、ちょっと休憩すると
またいくらでもまた入っちゃう。


トン汁バイキングもありました〜。

が、
気づいたら無くなってた (涙)




さて、今回の出店ラインナップ。

こちら、お隣で出店してくれた
お馴染み喫茶黒川。


カレーに合うようにと
チャイと、インドの珈琲も持ってきてくれた!

濃厚なコクの黒川チャイ、相当オススメです。
正直、珈琲よりチャイばっか飲んでるかもだな(笑)。

この日もチャイが大人気でした。


黒川くんの作るドリンクは
温め方、淹れ方、混ぜ方、など
その過程においても

また、扱う道具ひとつをとっても
全てにおいて愛が感じられる。

この人の仕事を横で眺めていると
ほんと何もかもいちいち尊敬してしまう。

全く、
何を飲んでも美味しいはずだわ〜。


・・・あ、しまった!インド珈琲飲んでないや!




こちら、農家のCavasivaさん。


畑の野菜と共に、
自家製の赤カブの漬物も。

そのままでも、ご飯と一緒にでも美味しい!


まっきーの、お惣菜たち。

まっきーのごはんは、どんな野菜を使っても
味がぼやけないとこがすごいと思う。


そしてすっかりお馴染みの、まっきーケークサレ。
秋バージョン。



伊藤さんの、青空美容院。

家族で遊びに来てくれたM嬢。

私もこちらで前髪をつくりました。

ナースの作るやさしいお菓子たち。


かわいすぎる・・・

これ、ざくざくでとても美味しい!



手づくり木工品など。



おっと、長くなってきたので、
2に続く・・・





スポンサーサイト

- - - スポンサードリンク
コメント一覧
コメントする

 

トラックバック

この記事のトラックバックURL

無料ブログ作成サービス JUGEM